熟女が好きすぎて出会い系でセフレになる相手を探し実際に出会った話

熟女というのは若い女性とは違い豊富な人生経験に裏打ちされた何とも言えない色気を漂わしており、かくいう私も熟女が大好物でどうにかして出会いたいという願望を持っていました。
ただ当所どのようにして熟女と出会えばいいのか分かりませんでしたが、出会い系サイトを巡っていくうちにお目当ての熟女に辿り着きセックスに辿り着くことが出来ました。
その実際に熟女と出会いセックスに至るまで過程について少しばかりお話させていただきたいと思います。

出会い系サイトに登録してみた

熟女好きで熟女にずっと出会いたいと考えていた私は、出会い系サイトに登録することで、ある程度年齢層を絞ってピンポイントで熟女と出会えるように試みました。
しかし私が求めるのは最低でも40代を超えた熟れている女性だったのですが、出会い系は実際には20~30代の使用率が高く、このような出会い系サイトを利用するのは年齢層が低いものかと諦めていました。
粘り強く検索を続け隣県在住の登録者にも網を広げて探し続けある女性を見つけました。
それが50代の熟女であり名前を仮にA美としますが、私の求め続けた好みの熟女だったのです。

気になる女性とメッセージのやり取り

A美は隣県在住でありましたが、プロフィールを見る限りでは派手でもなくしっとりとした雰囲気を醸し出しており、仕方なく出会い系サイトに登録したような感じを出していました。ただそうは言っても出会い系サイトに登録するぐらいですから何かしら欲求不満や出会いに飢えているはずです。
私は早速メッセージをA美に送ると直ぐに返信があり、お互い共通の好きなお酒の話で何度かやり取りをするようになりました。
この時点で「出会える」という確信を持っていましたが、事を急いではいけないと思い慎重にメッセージのやり取りを続け、遂に直の連絡先を聞き出すことに成功しました。
お互い隣県在住ということは承知していましたので好きなお酒を一緒にどうですかとアプローチしてみた所、あっさりとOKの返信がありました。

熟女独特の色気たっぷりの彼女が現れて…

そして遂に連絡をして待ち合わせ初対面する日となり、指定した待ち合わせ場所で待っているとA美と思わしき熟女がやってきました。
50代で熟女の香りを漂わせ大人の色気に溢れた女性であり、私は心の中で「これは大当たり」だと内心飛び上がっていましたが、今日は距離を縮めるだけだと自分を諫めました。
お目当てのお酒が飲めるフレンチレストランに入り、A美とゆっくりとお酒を楽しみました。A美はよくしゃべる女性であり、思わず会話が弾み想像以上に距離が縮まりました。
レストランでの会食を終えて今日はこのまま帰ろうかと思っていたところ、A美から「帰りたくない」との申し出があり、これはOKサインだなと思いそのままラブホテルへと直行しA美とセックスをしました。
そこからは当然の成り行きというか、お互い1ヶ月に2・3度会いセックスをするというセフレの関係になり、A美が親の介護で実家に帰る時までセフレ関係を続けていました。今となっては淡い思い出ですが、出会い系で目当ての熟女と巡り合えたのでラッキーでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました